日本のアロエ史と間宮家の関係



100年4世代に渡る間宮家とアロエの歴史。現間宮社長の祖父の初代間宮は江戸時代、武士を勤めていました。明治維新後、初代間宮は武士時代に得た学問を生かし当時難病と言われた「かっけ」 の特効薬としてアロエを配合した漢方薬を販売していました。

間宮社長も幼少時代から祖父の手伝いをしていました。間宮社長は当時の幼い頃からの経験をいかし、後に我が国ではじめてアロエを配合した養毛料や化粧品を作りました。現在では当たり前の様に化粧品にアロエが使われていますが、当時としては画期的な発想でした。

60年前、静岡県焼津船籍「第五福竜丸」の乗務員の被爆治療にアメリカのサ ンタバーバラ研究所の指示でアロエが使われました。当時間宮家は被爆火傷治療用のアロエの補給を行いました。その際、間宮家と親交を持った当時の 防衛庁の添田博士はその後もアロエの研究をすすめ、その分野での第一人者 となり著書も多く残しています。

また、それまで民間薬だったアロエを、医薬品として許認可させる為に、間宮家は大きな影響力を発揮しました。2代目はアロエに関する多くの著書を残しています。


話は変わって昭和20年代、当時はまだ西洋医学が 未発達で漢方医学全盛の時代でした。間宮社長は 戦争から帰った父親の2代目と共に間宮製薬(株) でアロエキスやアロエ粒の原型になる軟膏や錠剤 を製造しました。

ところがその後ペニシリンの発 明などによる西洋医学の新薬の台頭により、アロエの将来は医学の世界よりも化粧品の分野で真価が発揮されるのではと早々に判断。昭和31年に我が国ではじめてアロエを化粧品に配合して販売することになりました。

昭和29年の福竜丸事件の頃はアメリカでもアロエに対する認識はそれ程広がっていなかった様で、軍事研究所が実験的に未知の植物を研究しているといったニュアンスでした。アメリカでアロエ配合化粧品が多く見られる様になったのはそれから随分後の事でした。クレオパトラがアロエを美容に使っていたという例はともかく、おそらくアロエを化粧品に採用して販売したのは3代目現マミヤンアロエ社長が世界初だったのかもしれません。



その後、昭和34年に設立されたマミヤンアロエ 化粧品の経営が軌道に乗るきっかけになったのは独自の製法で作られたアロエトニックでした。本当に毛が生えるトニックがあると美容業界で話題になり、順調に業績を伸ばしました。ある業界歴50年のデーラーさんの言葉を借りると、「当時本当に毛が生えてあんなに売れた商品は初代アロエトニックしかなかった」という事でした。現在40年ぶりに初代トニックの処方をベースに改良リメイクされたマミヤンアロエ薬用トニックがヒットしているのも、美容室の現場でのお客様の評価を確認しながら、非常に長い時間をかけて処方の試行錯誤を重ねた結果によるものです。


3代目社長も日本アロエ協会が設立された当時の初代理事長を担当。現在も食品業界を中心とするキダチアロエ産業協励会 の理事長を務めています。

アロエの普及に努めてきた間宮家の歴史。

時代の変化と共にアロエも様々な用途で使われてきましたが、間宮家はこれからもアロエ使いの元祖として業界をリードする、より良い製品作りを目指してまいります。


〒422-8044
静岡県静岡市西脇300-1
  
0120-038-017
tel 054-281-0001
fax 054-281-0002

copyright (c) 2014 mamiyan aloe inc. all right reserve